9.ノーザンルビー

ピンク色をしているじゃがいもがあって「ノーザンルビー」という品種です。2006年に旧農林水産省北海道農業試験場の受粉育成で生まれたじゃがいもの新種です。じゃがいもはごつごつした感じのものが多いなかで、つるつるした表面はメークイント近い形や大きさが、「ノーザンルビー」です。アントシアニンを多く含んでいるのが「ノーザンルビー」ですが、調理したあとも色が変わらない特徴があります。美しい食感のじゃがいもとして人気が高いのでが、調理後に色が変わらない特徴を生かせるノーザンルビーは、お菓子に使われるケースが多いのです。さらに茹でても男爵のように形があまり崩れてこないので、特徴を生かした多くの料理に向いているのです。そう考えるとじゃがいも料理で人気のあるのがポテトチップですが、ピンク色をしたポテトチップって美味しそうですよね。そのほかの料理としては、ポタージュスープにも向いています。じゃがいもとしては、珍しい品種の「ノーザンルビー」ですが、市場ではあまりおめにかかれませんかもしれませんが、今はネット探していくと購入できるので、一度手に入れて見て食べてみては如何でしょうか。

Comments are closed.