8.グランドペチカ

多くの品種改良をされているのがじゃがいもですが、「グランドペチカ」といって、マダラな赤い色をしているんで、ちょっとじゃがいもとは思わせないくらいです。外見はじゃがいもとさつまいもを組み合わせた感じをしているのです。平成12年に品種登録されていて長崎県生まれで、最初に登録出願したときの名前が、「ですとろいや」です。顔にマスクを付けた感じからですが、外見はちょっと怖い感じの「グランドペチカ」も食べると美味しいじゃがいもなのです。その食べ方を見ていくと、じゃがいもの美味しさは食べた時の食感が特徴ですが、「グランドペチカ」のホクホク感はたまらない美味しさです。そして「グランドペチカ」のホクホク感は中の上あたりなので、どんなじゃがいも料理にも適しているのです。煮物系や揚げものなどで美味しく「グランドペチカ」をいただきましょう。皮を剥かないでホイルに包んで焼くと美味しくいただけることは間違いなしです。「グランドペチカ」は、肉質には粘り気があって、栄養価も高くて味わいにはコクがあるので、美味しくいただけるのです。さて、その「グランドペチカ」を家庭で作ってみたい方がいるかと思いますが、栽培は簡単で、土壌の消毒を必要としないので、今注目を集めている無農薬栽培が可能です。

Comments are closed.